FC2ブログ
2ちゃんねるのまとめサイト。主に特ア。ニュース・ゲーム・アニメなども。

【歴史】天皇の起源は卑弥呼だった!? 「卑弥呼=天照大神」説が浮上[13/05/15]

1:かじてつ!ρ ★:2013/05/15(水) 12:46:40.44 ID:???P

○天皇の起源は卑弥呼だった!? 「卑弥呼=天照大神」説が浮上

日本の古代史において、大きな謎となっているのが邪馬台国の女王・卑弥呼。そもそも卑弥呼とは、
いったい何者だったのか。

日本史の教科書に描かれる卑弥呼は、魏志倭人伝の記述を基に、〈神に仕える巫女で、宗教的権威を
持つ女王〉とされるのが一般的だ。元佐賀女子短期大学学長の高島忠平氏は、こう指摘する。

「九州北部にある弥生前半の古墳の埋葬様式から、巫女が社会的に高い地位を持ち始め、次第に
国を統治できるような巫女が出現した経緯が読み取れる」

こうした見解がある一方で、実は卑弥呼には、「古事記」や「日本書紀」で天皇の祖神とされている
天照大神だとする説もある。

実在が確実とされる天皇の在位年数から、日本神話に登場する天皇の在位年数を推測すると卑弥呼と
天照大神は年代が丁度重なるとし、天照大神は卑弥呼を神格化したものであるとする説だ。専門家は
どう見ているのだろうか。

「確かに古くから天照大神説や日本書紀の記述から神功皇后だとする説がある。しかし、魏志倭人伝に
よれば、当時はまだ邪馬台国と対立する狗奴国が激しく争っている時代で、卑弥呼は日本全国を統一
した倭国の女王という立場にない。

だからこそ、卑弥呼も後ろ盾を求めて魏と通交し、皇帝から『親魏倭王』の称号を得ている。やはり、
巫女として邪馬台国という小国連合を治めた女性首長と考えるのが素直な見方だろう」(高島氏)

卑弥呼も天照大神も女性で生涯夫を持たなかったと伝えられるなど共通項も多いだけに、卑弥呼を
天皇の起源とする説にも一応の説得力はあるのだ。

□ソース:NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20130515_187666.html




4:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:47:51.28 ID:79db4o4k0

義経ジンギスカン並の与太話か?



7:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:48:13.36 ID:kubnZF/MP

厨二的発想



9:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:48:56.99 ID:zIuc7gzR0

今更、カビが生えたような説を持ってくる



11:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:49:06.59 ID:TNhBMFVH0

手塚治虫の火の鳥がそんな設定じゃなかったか?w



18:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:50:38.07 ID:cqp5lTqR0

>>1のソースは手塚治虫の火の鳥読んだだろ
間違いない



145:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:19:50.78 ID:4NSVZBIPO

>>1
とっくに手塚治虫先生が火の鳥で描いてるのだが



293:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:49:32.76 ID:B6DY/u4nT

>>11 >>18 >>145
ちょっと火の鳥見てみたけど、

高天原族のニニギノミコト(天皇家)が卑弥呼の一族を滅ぼしていたけど。



14:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:50:02.16 ID:zIuc7gzR0

卑弥呼=天照大神説は戦前からあったらしいけどね



26:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:53:06.41 ID:IAqSV7Hj0

ただ卑弥呼のいた時代に、皆既日食があり
それが天の岩戸の神話につながったという
話があります。



38:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:55:43.71 ID:KQelCav10

>>26
卑弥呼がいた北九州や大和盆地では観測されなかったんだなこれが
よく見えたのは山陰・北陸



113:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:13:31.17 ID:1mJ3bscf0

>>26
そもそも、日本書紀や古事記っていうのは、皇室の正当性と権威付けのために
あっちこっちの豪族から風土記的なものを提出させ、
それをベースにしたり改ざんしてりしてまとめたものだから
皆既日食を実際に見ることができたかどうかはあんまり関係ないと思う。

そんな成立事情なので、
アマテラスにモデルがいたとも限らないし。
逆にアマテラスにあたるとされる人物が実際に経験した話という可能性もあるし。



27:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:53:24.45 ID:GaAD+AeGO

日の巫女だからヒミコ
ついでに天照大神は男神でキリストという説もある



133:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:17:31.47 ID:VoREDw9K0

>>27
説もあるって言うなら何でもありだなw
じゃぁ、キリスト教のGODは日本のイザナギか?
何で太陽神(アニミズム)と神の子が同一視されちゃうの?



302:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:51:00.11 ID:BP2kG7O+0

>>133
俺は、キリスト教(ユダヤ教)のGODと釣り合うのは天之御中主神だと思うんだがどうだろう。
三つ柱の神が隠れて存在してる(偶像化禁止)し。
日本で言う「神」は、精霊なんじゃないのかなぁ



32:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:54:45.44 ID:hIY5Pm5fP

侮サヨ、筋書き通りに来たなw

どうしても日本建国を短くしたいんだろw

その支那の歴史書、日本の記録と違い誤りが多くて信用出来ないとは歴史家の見解アルよ。



35:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:55:27.96 ID:0SatzKV00

天照大神が女性だったから女性が天皇になってもいいじゃない
と繋がっていくわけか



40:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:56:11.48 ID:CUtw3hx70

別に何か新しい発見があった訳じゃないんだ
期待して損した



41:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:56:16.91 ID:Ub9eJV2y0

この手の与太話は前からある話じゃん。どこまで裏付けがあるのかないのかは知らんが、天照大神が天岩戸に隠れたって話は、卑弥呼の死と台与の即位を表してるとか……



43:ありのままに@札幌太陽太陰暦から ◆US.IYzEc2apG :2013/05/15(水) 12:56:52.45 ID:JbRq4bynO

天照大神=卑弥呼とすると、歴史の年代がかなりズレてきますけど…

卑弥呼は出雲族の巫女。独身の皇室の方と思いますが(~媛)、天照大神とはイメージと違います。



73:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:03:35.44 ID:X2m557Ox0

>>43
その通りデース
国譲り神話がヤマトへの政権移譲で祀っている神様も移動させようとして失敗しちゃいました



44:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:56:57.99 ID:DASluCFdO

昔から言われてたし井沢元彦あたりは色々状況証拠を積み重ねて
主張してるけど確固たる根拠がないんだよなあ
むしろ記紀では神功皇后が卑弥呼じゃないかと暗に示してる
つまり、7世紀の段階で卑弥呼にまつわる直接的な伝承が残ってない



48:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:57:27.28 ID:PqRJmXkx0

邪馬台国の読み方も実はわかってないからね。
ヤマトコクの当て字って説もあるし、
そうなると大和朝廷と邪馬台国は同一って説が有力になる。



57:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 12:58:54.66 ID:hluw9XOE0

支那の歴史書はいい加減だからなあ。記述をそのまま鵜呑みにするのは危険だよな。



65:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:01:08.77 ID:X93r4yDD0

邪馬台国は宇佐だよ



287:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:47:54.18 ID:xrBCGsbN0

>>65
> 邪馬台国は宇佐だよ

宇佐あたりなら台与(とよ)の「豊の国」じゃないかな
7世紀末に豊前・豊後に分けられたけど



316:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:53:03.14 ID:QMOQolPC0

>>287
邪馬台(ヤマト)の国は卑弥呼(ヒムカ=日向の人)が治めたあと、
台与(トヨ=豊の人)が治めていたという話も。



70:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:03:14.96 ID:jXdyXtG8O

天照大神は男性と言う説もあるがな。



78:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:04:28.29 ID:1mJ3bscf0

つか、天照大神って、もともと男性神だろ?
原型に当たる神社が2~3あって、そこでは男性神だって行くのを聞いたことがあるな。
古事記・日本書紀編纂の過程で女性神で登録完了って話だったと記憶しているが。



87:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:06:10.01 ID:s7rVO0o40

>>70
>>78
与太にすぎんよ
というか皇祖神が女なのが気に食わない人が言ってるだけ



74:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:03:49.95 ID:s7rVO0o40

>元佐賀女子短期大学学長の高島忠平氏は、こう指摘する。

九州説にいまだにとりつかれてるおっさんの一人じゃないか
まったく聞くに値しない



79:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:05:14.11 ID:sCPZo+ai0

全然年代が合わないだろ神武天皇が紀元前660年だぞ?
天照大神はその5代前なので
全然合わない
かすりもしない



85:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:06:04.96 ID:DASluCFdO

ニニギの天孫降臨が当時の政治を反映させたものならアマテラスは
元々男って見方も妥当性がある

井沢元彦はアマテラス男性説で小説を書いた後、卑弥呼=アマテラスを
主張するために男性説を捨てたっけ



92:汪 ◆xrntBF3M81SM :2013/05/15(水) 13:08:39.08 ID:rXFef/mN0

ありえねーだろ
アマテラスは神様であって天孫降臨の後の卑弥呼なわけねーだろ
有名な人名並べただけじゃんか
ヤマトトトヒモモソヒメでおk



107:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:12:31.22 ID:X6yfzYHT0

卑弥呼という書き方は中国人が日本使者の発音に当てた漢字だろ。
日の皇女でアマテラスでいいんじゃないか。



162:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:23:28.04 ID:QMOQolPC0

>>107
卑弥呼=フィミカ=ヒムカ=日向(ひむか)という説も昔からあるwww
だから今の日向(宮崎)に高千穂があるとされてるわけよ。

ちなみに実際には「日向」の国名はあとから付けられた名前で、
地名としてはほとんど宮崎には残ってないという話もあったり。



120:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:15:11.59 ID:kcA6lphM0

まああたりまえだ。日ノ御子のことだからなw

「読んで字のごとしと♪」



126:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:16:27.18 ID:xsCAEln/O

卑弥呼も邪馬台も字を見たらあまり良いことを示してないように見えるね。
これは中国人が付けた当て字と見て、卑弥呼は日の巫女、邪馬台は大和と
考えるのが自然だと思う。



137:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:18:07.68 ID:jV36QESx0

大和政権が九州から近畿に移動してきたとして、
中心地を飛鳥みたいなど田舎っていうか、奥地に選んだ理由がわからない
わざわざ、山に囲まれた小さな盆地選ぶことないじゃん



185:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:29:39.61 ID:HLBRXCbo0

>>137
大阪平野奈良盆地を統治しやすく北東、南東、南西の三方が山。
淀川から距離があり洪水の危険も少ない。
西には瀬戸内海が広がり海上交易が可能。
最高の立地だろ。



158:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:22:58.08 ID:dVqMvogl0

昭和に描かれた全ての歴史に疑問あり
大学教授のくだらん思想がねじ込まれてるからね
戦前は国家に添う形の論が多い
江戸期は徳川に関するものは全ておべっかが入ってる



215:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:34:12.35 ID:A7Cy9FWh0

>>158
そうだわな。
中国が国家が変わる度に、正史という歴史書を編纂し、過去のものを焚書したように、
日本だって過去の内乱時代はその時代ごとに歴史感は変わり、過去の著作も焼かれただろう。
そのあたりは江戸後期だっけ「日本外史」が感じやすい著作かも。
皇族や旧家の人々はそういう歴史を伝承されているだろうけれど、明治、昭和以降もいまだ昔のありのままの歴史を庶民が知ろうとすると、
地元の県立図書館や、郷土資料館などか一番。

そういう意味で、今映画化されている、「図書館戦争」など、国家がなにを民衆から隠蔽するか。
地方は何を残したいのか。
興味深く、日本だけでなく世界に広がる、ポストモダンのテーマだと思うわ。



262:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:42:32.51 ID:dVqMvogl0

>>215
学者と言うのは起承転結で結ぼうとする為に結びが強引になりやすい
現代の教授もやはり知らない事を「わからない」と言えない人が多い
歴史はわからないのが基本なんだけど論文の形式がそれを許さないんだろうね



166:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:24:38.77 ID:+g/LddSN0

>>1
まるで天皇の正当性を捏造するような話題だな



184:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:28:44.84 ID:0FFb+bNk0

>>166
 女系推進派が好んで使ってる。
 国家転覆ブ左翼のチュー各派。



172:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:26:06.69 ID:zx4uOZrj0

卑弥呼
しかし中国もヒデー字をあてるよなw
さすが 東夷、南蛮、西戎、北狄の国だな



188:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:30:00.94 ID:zx4uOZrj0

まあ、和気清麻呂が道鏡の簒奪を制するために、伊勢神宮じゃなくて宇佐八幡に
神託をうかがいに行くところに、日本の秘密があるんだけどね。
ふつうは伊勢神宮だろw



249:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:40:09.43 ID:CUtw3hx70

>>188
宇佐八幡から神託が出たので、聞きに行ったのであって
伊勢神宮から神託あっても出向くとは思うけど

まぁ影響力があった事は否定しないけど



192:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:30:30.15 ID:aJyFqV5P0

倭迹迹日百襲媛命(やまとととひももそひめのみこと)

・孝霊天皇の皇女
・三輪山の巫女であり、甥の崇神天皇を補佐して国の乱れを鎮めた
・箸墓の地に埋葬された = 箸墓古墳(学術的に卑弥呼の墓の最有力候補とされる)

ちゃんと日本書紀に書いているし

卑弥呼 = ヒミコ = 日(太陽)の巫女 or 姫(皇女)の巫女 とかだろうし

女王ってのも、みんながその託宣か何かに従っていたのを、外から見た誤解だろう

今でも他国の内部事情なんて分かりづらいのに、古代なら余計に外から見たら誤解とか多いだろう

魏志倭人伝なんて参考程度にするべきで、あまり絶対視するべきじゃない



217:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:34:49.72 ID:dEZO3p4fO

>>192
当時のチャンコロ
「おめ~らの王様って誰よ?」
倭人「なんちゃらかんちゃらひめのみことが王みたいなものです」
当時のチャンコロ
「なげ~よw、じゃヒミコでいいよな?、ヒミコ、よし決定」



193:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:30:35.30 ID:x2d1Aj4q0

何で今さらこんな事が記事になるのか
邪馬台国畿内説のステマか、女性天皇につなげるのか



226:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:36:23.19 ID:0FFb+bNk0

>>193
 小林がそれ(天照だから女性天皇!!ok-)やり始めて、
保守派に本が売れなくなったらしいです。
 私も読んでて、一気に冷めたわ。



194:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:30:53.70 ID:dRQ/aROL0

バカらしいのは、神さまである天照大神を、皇族とはいえ所詮はただの人の身と同一視したがるような
極めて卑しい世俗的な感性だ。
ギリシャ神話かっつーの。日本とギリシャは風土が全く異なっており、風土に左右されることが
今よりも強かった太古においては猶更のこと心性も全然違う。

天照大神は神さまであって、人ではない。
卑弥呼は巫女であり祭司長であり首長であったかもしれないが、それは天照大神を祭る祭祀の巫女であり
本人が天照大神と同一視されるいわれは全くない。



271:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:44:49.01 ID:HLBRXCbo0

>>194
お前何言ってんの?
そもそも天照大神は天皇家の祖だろうが日本神話では。
古代の王が神の子孫を名乗るなんてのは洋の東西を問わずドコでもやってる事だっつーの。



335:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:57:49.24 ID:0FFb+bNk0

>>194
 これ日教組の教育マニュアルそのまんま。
 天皇家は単なる一豪族だから、って子供に教えるように言われていたんだよね。



203:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:32:20.81 ID:/spKyUXs0

ヒミコを名前としなければ、各勢力にヒミコがいたかも知れん。
ただ三国志では魏が正統なので魏公認のヒミコさんだけが
文書に残ったのかもな



207:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:32:56.86 ID:7rUFvg4e0

卑弥呼の卑(卑しい)とか邪馬臺の邪(邪悪)とか
シナは流石思い切り見下した当て字を使ってきますねw



223:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:36:12.02 ID:aJyFqV5P0

>>207
伝統だからなw

日本に限らず、周りの異民族のほとんどに、できるだけ悪い意味の漢字を当て字しようとするw



221:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:35:53.96 ID:1Dgc9mOu0

古事記や日本書記は8割方ウソらしいけど、俺らの勉強した歴史ってどの時代までが
ある程度正確なのかね。
源とか北条くらいの時代はそれなりに正確性はあるのかな。
聖徳太子の時代はほとんどデタラメだろうし。



284:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:47:10.15 ID:mACho9+a0

>>221
8割方はウソなんて言ってる奴の主張こそ100%ウソだろ。
古代社会は、祟りとか信じてたから、共産主義者みたいに100%ウソで固めるなんてできないよ。

歴史学は、文献を根拠にしてるんだから、古事記、日本書紀を軽んじたら、歴史学は意味を成さない。
考古学なんて、ゴッドハンドに反論できなかったほど、怪しげな学問だし。



295:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:49:58.05 ID:dRQ/aROL0

>>284
完全に同意。
ウソだとかデタラメだとか強烈な言葉を使って全否定したがる輩が建設的な意見を出して
学問的に有意義な考証をしているところなどこれまでの人生で一度も見たことが無い。



320:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:54:47.91 ID:BFKnrErEP

>>295
平清盛の件で多くの人が知るところとなったけど
歴史の学会って
左巻きの人が権力を握る→左翼史観のお墨付きを与える機関に変貌
ってところが多い
だから声を大きくして自説を押し付けるような輩が増えちゃったw

共産系は冗談抜きに自分に都合の悪い歴史を抹殺するから怖い
それに比べたら日本の記紀のほうが余程真実に近いw



296:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:49:59.32 ID:19OPZmwm0

>>284
というか、故意の虚偽でなくても真実として扱われてた各家の口伝が実際と正しいかは別じゃん
文字もない世の中だと三代前のことなんてあやふやになる



322:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:54:55.64 ID:mACho9+a0

>>296
文字がなくてあやふやになるのは、否定しないけど、意図的にウソであるみたいに考えるのは、
単なる馬鹿だよな。

古代の人が、長年、尊重してきたものに対して。



332:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:57:04.06 ID:1Dgc9mOu0

>>284
俺は古事記や日本書記の価値は真実性とは別のところにあると考える
これは歴史書というより神話集みたいなものだろう



359:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 14:02:21.82 ID:mACho9+a0

>>332
神話と一体化してるのは、確かだよね。
神話だから事実と一切関係ないなんて決めつけると、シュリーマンは何だったってことになるわけで。



386:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 14:09:43.92 ID:1Dgc9mOu0

>>359
神話集から整合性をつけて1本の道にするのが歴史学だからね
学者のやってることはいかに自分の頭に描いた学説を認めさせるかの作業であって、
真実の追求はそれほど重要ではなくなってる



234:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:37:41.90 ID:FXQr5IJNO

神宮が主祭神の天照大神を内宮に祀ってるのと同規模で
ただの食物供給の神にすぎない豊受大神を外宮として祀ってるのはかねてからの謎

台与であるなら全ての理屈が符合するんだがな



252:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:41:05.55 ID:dRQ/aROL0

>>234
ただの食物供給ってお前……大地母神と同じで偉大な神格じゃねえかよw
天の神と相対する最大の神格の一つを「すぎない」ってどういう神経だ?



269:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:44:22.11 ID:RuP+jj0q0

まあ、卑弥呼邪馬台国以前から古代九州は日本最古の先進都市国家や文明が
あったのは中学高校で殆ど習わない有名な事実です。大規模な九州王朝王族等があったんですね。
勿論近畿大和政権など影も無い時代。地域で九州山口の古代国家群を連合したのが
邪馬台国だったようで。後に近畿を収めた現在の天皇家も、九州から出た一族。

地域豪族磐井などを中心とする九州王朝と後続の近畿大和政権の闘いが終結し、
倭国は解体、九州山口など地域豪族と共に大和政権に従い日本国が出来ていった。
以降は博多など大陸やアジアなどの貿易拠点として栄える一方、警備など
旧王朝政府のあった大宰府付近に探題が置かれ関東や関西から要人を派遣で地域の官や兵士
と共に国土警備にあたった。その後の明治維新では九州薩摩や山口長州、土佐などが
中心に維新を成し、東京首都遷都などを成したと言う訳。

http://www.geocities.jp/waikoku/
http://www.d7.dion.ne.jp/~sekai/q-outyou.htm



304:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:51:14.97 ID:/s52d0noP

>>278
いや、説で今までの歴史を勝手に変えてしまうのが
今の日本歴史学会。

明らかな証拠がなければ定説を尊重するのが世界共通なのに
紀元1世紀あたりのことで明らかな証拠がない、という理由で
教科書の記述も変えてしまう異常な人間たち。

任那日本府なんて日・中・韓で証拠ありありなのに、
どこかの国にはばかって無いことにされてる。



317:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:53:29.89 ID:DPU/2gty0

>>304
朝鮮の息かかった奴には朝鮮半島支配していた倭国なんて認められないよね



338:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:58:01.70 ID:SZCblHtF0

>>304
津田史学の悪弊だな。
そう言えば聖徳太子ですら実在しないと言ったり、ト学者が多いよなー。
素人の方が健全(^o^)



311:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:52:10.79 ID:FZ5JqsrUO

【前方後円墳】

空から見ないとわからない形
日本の高度な測量技術と計算、そして地震や豪雨に耐える土木技術



325:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:55:17.99 ID:xfrMaNEB0

魏志倭人伝を真実の史書と信じてること事態に疑問を感じるんだが?
卑しい巫女で卑弥呼なんて当て字にする民族なんて信用できない



343:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 13:59:14.72 ID:+TlLupHjO

こんなの江戸時代からある説だろ


卑弥呼は「火の巫女」の音の当て字で、火を使って天候を占っていた巫女
それがいつのまにか太陽神に祭り上げられたっていう議論は飽きるほどやりつくされてるよ



381:名無しさん@13周年:2013/05/15(水) 14:07:26.04 ID:tu2i+MbP0

(ヾノ・∀・`)ナイナイ

卑弥呼は日本全国を統一できてない
それに卑弥呼が天照大神なら
台与は2代目天照大神となる
それならある程度は続いててもおかしくないが
2代目天照大神以降が存在してない




2013-05-15 : コラム・論説・意見 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:Bamboo.

カウンター

since 2012/08/08


現在の閲覧者数:

みくろっく


みくろっく

Amazon









楽天


MMOタロット占い

Flashリバーシ

by mitti0

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ